きょうのダメ日記

カンピオーネ!アニメ化しないかなぁ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プラパ・ゼータ

今回おすすめするのは1991年発行(古いw)の流 星香先生の「プラパ・ゼータ」です。

世界が滅亡の危機に瀕しており、伝承により翼ある聖女を異世界より召還します。
翼ある聖女ファラ・ハンがヒロインで、それを守護する3人が選出される。
勇者ディーノ、魔道士レイム、竜使いシルヴィン。

このディーノが何で勇者に選ばれたんだ?ってくらいチョー悪役なんですよねw
修羅王と呼ばれ、破壊と殺戮と略奪を好み、全ての人々から恐れられていてて
見た目は黒き髪と青い瞳、彫像の様なまるで男神を思わせるような人なんです。

なんでこんな人が勇者に選ばれ、またその環境を良しとしたかと言うと
ファラ・ハンにホの字(古いw)だったからなんですねぇ。
ファラ・ハンは誰もが見ほれずには居られないような綺麗な娘なんですけど、
それだけではなく、黒き髪と青い瞳を持ち合わせていたからなんです。

ディーノは自分の同族が欲しかったんですよね。
自分がどこから来たのかどこへ行くのか、それを求めていたんです。
子供の頃から黒き髪と青い瞳を持つだけで、謂れのない迫害を受けてきたんです。
そこに翼ある聖女ですが黒き髪と青い瞳を持つファラ・ハンに強烈に惹かれたんです。

090731_0933~01
なかなか素直に成り切れないんですが、
ファラ・ハンを襲う毒矢に気づいたディーノは自分の体を盾にして護ります。
猛毒に犯されながらも、
「・・・・傷は?」とファラ・ハンを気遣います。
また、黒魔道士にファラ・ハンの片翼をもぎ取られ死に瀕したときに
090731_0937~01
傷ついた獣のような目を向けます。

とまぁ、なんやかんや色々あってw、ファラ・ハンは世界を救います。
世界に還る際に、ディーノに
『この世界のどこかで封じられている「わたし」を捜して・・・』と伝え還ります。

そして、外伝 聖龍王シリーズに続きます。

090731_0938~01
赤き塔に封じられていた聖龍姫サフィア・レーナ。
サフィアを目覚めさせたけど、ファラ・ハンだった時の記憶を持ってなかった事に愕然とするディーノ。

ここから事あるごとに、こっぱずかしいハーレクインの様なセリフを言うディーノ君w
いやハーレクイン読んだことないけどw

『・・・お前を目覚めさせなければ良かった。眠ったままのお前なら、ずっと俺のそばに居たのに』
『俺が死ぬまで、俺のものであったのに。お前が俺をみなくても、お前の瞳に誰の姿も映っていないのならば耐えられよう。
お前が微笑みを浮かべることがなくても、泣くこともないのだと考えれば、俺は十分過ぎるほど満たされている。』
サフィアの私でなければいけないの? 質問に対し
『お前でなければ、意味がない・・・』
『お前は。俺のものだ・・・・』

いやぁー、恥ずかしいw
隙あらば恥ずかしいセリフで、口説こうとするのでお楽しみにw(謎

まぁ、また色々あって世界を救う旅にでるサフィア一行。

ファラ・ハンと違った一面を見せるサフィア。
・自分の好きな飴玉をディーノに取られて『いやーーーー』と本気で悔しがったりw
・『ひっどぉーい!』とぷぅっと頬を膨らませて怒ったりw
ファラ・ハンが恋を知る女で、サフィアが恋に憧れる少女であったことから
違いがあるのかなぁと思ってみたりw


物語が進んで、ファラ・ハンの記憶が少しずつサフィアと同化して行き、
サフィアもディーノに惹かれていきます。

そして、
サフィア『好きなの・・・。ディーノ、あなたのことが好き。あなたにいただいた言葉に、応えたかった。
塔の上のあのときから、、、ずうっとこうしてあなたの腕に抱かれたいって思っていたの
あなたを抱きたかった・・・。あなたを愛したい。あなたに愛されたい。』


・・・・・・・はずい!!!ww
身悶えるぜww サフィアもなかなかやってくれますw


物語終盤、またもや?黒魔道士に剣で斬られ死に瀕したサフィア。
もう世界は救えないと嘆く、サフィア一行に
諦めたのなら貰っていくと、もうまもなく死ぬであろうサフィアを抱え、飛んでいくディーノ。

サフィアはずっと不安だった。自分ではなくファラ・ハンが好きだったんじゃないかと。
が、『俺はお前のほうがいい』と言ってくれたディーノに自分が愛されていたんだと気づく。

そしてサフィアは全てを覆す賭けにでる!
『あなたはわたしの「ディーノ」よ。「希望」の名を持つ、あなたにならできるわ。あなたの世界を守って』
『俺はお前を愛するために、お前を目覚めさせた』

090731_0941~01

口付けを交わし、聖龍王としての審査を行う!!!

無事、聖龍王となったディーノは
『らぁぶらぶ てんきょーけーーーーん!!(石破ラブラブ天驚拳)』
で黒魔道士を打ち破るw(嘘

二人の愛の力wで世界を救いましたw

チョー恥ずかしい物語(特にディーノ君w)ですが、面白いですよぅ。
ただ一つ、問題があるんですが
なんかこの作品、、、、絶版みたいなんですねwww
道理で、本屋で見かけない訳だw

もし読みたくなったら古本屋さんとかで探してみてください!

090731_0931~01
090731_0931~02聖龍王シリーズ
[ 2009/07/31 11:42 ] プラパ・ゼータ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

応援
blogram投票ボタン
FC2カウンター
最近の記事+コメント
プロフィール

きょう

Author:きょう
女の子のヤキモチとちょっとエッチをこよなく愛するダメ社会人。

SONY BRAVIA32インチとヘッドフォン(MDR-DS7000 7.1chサラウンド)で
ニヤニヤしながら日々奮闘中!!

驚いたコトに、リンクフリーなんですよっ!
プロフィール画像は、ブロとものななしさんより頂きました♪

おすすめ商品


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。